マイホーム

ローコスト住宅を購入して後悔した、なんてことにならないためには

マイホーム

ローコスト住宅であれば、マイホーム資金が少なくても自分たちの家を持つことができるので、最近はこのタイプの住宅の購入を検討する人が増えています。たしかにローコスト住宅は人気が高まっていますが、一方でローコスト住宅を購入して後悔している人も少なくありません。とくにサービスの選び方や設計の決め方などを間違えてしまうと、住み始めてから不満を抱えるようになる可能性が高いのです。購入してから後悔しないために、実際にどのようなことに後悔している人が多いかや、その理由について詳しく知っておくとよいでしょう。

ローコスト住宅では、シンプルな設備やデザインにすることで費用をカットすることになります。しかし、必要な部分のコストまでカットしてしまうと、後悔する原因になるのです。とくに、耐震性能のような建物や家族を守るための性能に関わるコストまでカットしてしまうと、性能が低い家に住むことになってしまうのです。日本はどの地域でも大きな地震が起こる可能性があるので、耐震性が高い家を建てておいて損はないといえるでしょう。しかし、ローコスト住宅メーカーの中には、耐震性を最低レベルにすることでコストをカットしている会社もあるので、地震が起こったときにも安全な住宅が手に入るかどうか確かめておくのがベターです。

また、安っぽい見た目になってしまったという理由で後悔する人も多いのも見逃せません。せっかく憧れの注文住宅を建てたのに、コストを削減したことで見た目が不満だと感じている人も多いのです。外壁やクロス、インテリアなどの見た目に関係する部分でも費用を削減することはできますが、全て最低グレードのものにしてしまうと後悔に繋がりやすくなります。個室はシンプルなつくりだけれど、みんなが集まるリビングはデザイン性にこだわるなど、一部だけでもこだわりを取り入れると、費用を抑えつつ納得できる見た目のマイホームに仕上げることができるでしょう。

さらに、忘れてしまう人も多いのですが、ハウスメーカーを選ぶときにはアフターケアが充実しているかどうかチェックしておくことも大切です。注文住宅は完成したら終わりというわけではなく、住み始めてからはひどい問題を引き起こさないように点検したり、問題が見つかったときには速やかにメンテナンスを行ったりする必要があります。しかし中には、無料点検を頻繁に実施しない、メンテナンス料を高く設定する代わりに住宅の建築費用を安く設定しているメーカーもあるのです。こういったメーカーを選ぶと、メンテナンス時に大変な思いをすることになるので注意が必要。そのため、ローコスト住宅で失敗したくないのであれば、安さだけにこだわるのではなく、性能やデザインとのバランスを考え、アフターケアなどのサポートが整っているかを確かめるようにしてください。